講演の日程が決まった後の宣伝はどうする?
ロゴ

講演会は前準備だけでなくその後の計画も重要

講演の日程が決まった後の宣伝はどうする?

男の人と女の人

事前の宣伝活動が大切

講演会を開催するうえで、最も苦労することは集客かもしれません。事前の宣伝活動でいかにして客を集めるかがポイントです。例えばチラシを作成して、配ったり置いてもらったりして周知させる方法があります。また、インターネットを活用して情報を提供しても良いでしょう。最近ではSNSやツイッターなどを活用して、情報を拡散させる方法も有効です。

女性

当日の流れ

講演会当日は、講師が静かに講演の準備ができるようにすることが大切です。講師が到着したら控室を案内し、会の担当者や責任者と挨拶するようにします。また会場のセッティングや進行などを簡単に打ち合わせします。そして司会者によって講師を演壇に呼び込みます。そして、司会者から講師の略歴紹介を行い、講演会へと進む流れになります。

メンズ

講演会終了後にするべきこと

無事講演会が終了したら、講師は演壇から退場します。場合によっては本の販売やサイン会を行うことも検討しなければなりません。一連のイベントが終了したら、控え室で休憩を取る時間を設けましょう。更に会場を後にするときには、最寄りの駅や空港に送迎の手配を行うと良いです。また懇親会への参加する場合は、懇親会場まで誘導すると親切です。

自力で講演会を開く場合と専門の会社に依頼する場合の違いとは?

呼べる講師の選択肢が異なる

自力で講演会を開く場合、依頼できる講師はスタッフや関係者の知人に限られるため選択肢が狭まります。一方、専門の会社に依頼すれば様々なジャンルの講師を紹介してもらえます。

専門の会社はノウハウが充実している

専門の会社では、講演会開催に関して十分な実績を持っています。講演会の企画段階から終了まで、様々なノウハウを持っているので、適切なアドバイスやサポートが受けられます。

広告募集中