コンシーラーが頼みの綱|完璧メイクに欠かせないアイテム

女の人
  1. ホーム
  2. 悩みに応じて選ぼう

悩みに応じて選ぼう

化粧品

色も使い分けると効果的

ペンシルタイプやクリームタイプ、リキッドタイプなど、コンシーラーにはさまざまな種類があります。色々な肌の悩みをカバーできるというコンシーラーの魅力を最大限に引き出すには、目的に合ったものを選ぶことが大切です。ニキビやニキビ跡にはクリームタイプもしくはスティックタイプのものが適しています。イエローやーベージュならニキビに多く見られる赤みや炎症を目立たなくさせられます。ニキビを悪化させることのないよう、できるだけ肌にやさしい成分のものを選ぶことも重要です。普段使用しているファンデーションと同色もしくはやや暗めの色のものを使用すると、シミやくすみをカバーする効果が高まります。反対に明るすぎる色はコンシーラーを使用した部位が浮いて見える場合がありますので、注意が必要です。一ヶ所に集中しているようであればカバー力の高いペンシルもしくはスティックタイプを、広範囲に及ぶようであれば伸びが良くファンデーションとも馴染みやすいクリームタイプを使用すると良いでしょう。目元のクマはタイプに応じて色を使い分ける必要があります。青みがかったクマに対してはオレンジ系、黒ずんで見えるクマにはベージュ系、茶色や赤のクマにはイエロー系のものを使うと自然にクマをカバーすることが可能です。リキッドタイプのコンシーラーをやや広めに塗った上で、そっと馴染ませていくと色ムラが出来にくくなります。カバーしたいものが何であるかによって、コンシーラー選びのポイントは変わってきます。それぞれの特徴を踏まえた上で、自身のお悩みと照らし合わせて使うようにしましょう。