収益目的と教育目的など目的によって異なる講演会
ロゴ

社会にでると必要不可欠なマナーを講演会で勉強できる

収益目的と教育目的など目的によって異なる講演会

セミナー会場

収益を目的とした講演会

講演会を行う目的は様々ありますが、ブランディングに活用するために開催することがあります。特に企業が講演会を主催する場合、講演の内容に関係する商品をピックアップして収益を得ることがあります。収益は副次的なものかもしれませんが、対象商品のブランド力を高める効果が得られます。このように講演会は、ビジネスの1つとして活用することがあります。

男の人

企業研修の一環としての講演会

自律性を高めスタッフ1人1人のスキルや能力を高めるために、企業研修に力を入れている企業もあります。特にスタッフ1人1人の意識を底上げするためには、集団を対象として働きかけることが有効です。集団をターゲットとする場合は、講演会などを開催すると効果が出ます。外部の講師を招いて講演会を実施する企業も少なくありません。

人気のマナー講演会TOP3

男性と女性
no.1

ビジネスマナー講演会

ビジネスマナーの基本を学ぶビジネスマナー講演会は、企業などを中心に人気があります。挨拶や立ち振る舞い、電話や来局対応などを講演会で学ぶことによって、社会人として信頼される対応力を身につけることができます。

no.2

テーブルマナー講演会

大人のたしなみとして、テーブルマナーは身につけておきたいものです。宴会やパーティーなどでいざというときに慌てることがないように、テーブルマナー講演会を受ける人は少なくありません。特に、社会人になる前に受ける人が多いです。

no.3

サービス接遇マナー講演会

理想とする接客を目指すために、サービス接遇マナー講演会も支持を集めています。サービス接遇マナー講演会ではマニュアルだけではなく、「機転」や「アドリブ」についても考えます。そうすることで、とっさの対応が身につけられるようになります。

広告募集中